短時間・短期間

​簡単なトレーニングで絶大な効果

短時間・短期間 簡単トレーニングで絶大な効果

effect

短時間・短期間 簡単トレーニングで絶大な効果

低負荷」、「短時間」、「短期間」で効果が表れる加圧トレーニング。

その特徴は極めて低負荷(最大筋力の20%~30%)でトレーニングする方法にも関わらず、高負荷(最大筋力の80%)と同等もしくはそれ以上の効果を得られると言われています。

また1回の加圧トレーニングは腕10分、脚15分程度で終わり、全身を30分位で鍛えられます。通常のトレーニングで全身を加圧トレーニングと同程度のレベルになるまで行おうとすると、2時間以上かかってしまいます。そのことを考えれば、かなり時間短縮できます。そして通常のウエイトトレーニングでは筋肉(筋繊維)に負荷をかけて損傷させ、時間を置き回復させる事が効果を出す主なポイントですが、加圧トレーニングは体内環境を変化させる事が目的であり、筋肉の損傷は少ないので、回復にかかる時間が大幅に短縮されます。そのため短期間でも効果が出やすいのです。